--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2012'03.02.Fri

早雲寺・小田原城・一夜城①

早雲寺→小田原城→一夜城にいってきました!
めちゃめちゃ楽しかったですよー!

まず本日は早雲寺から。
北条五代の墓所があるお寺です。
小田原城攻めの際には秀吉が陣を敷きました。
上杉好き的には上杉景虎が学んだとされる場所でもあります。

箱根急行は壁沿いに明らかに電車が傾いて登っていく感覚がものめずらしくて、電車からの景色にはしゃいでしまいましたよー。
そして箱根湯本に到着。
001_20120302004310.jpg
なんだかお年寄りに優しい行き届いた駅だなあという印象。

駅を出てすぐのあじさいばしを渡りますー。
002_20120302004310.jpg
突き当たりの看板には右にっても左に行っても早雲寺へとのことで。
「右(近道)」という言葉にひかれて、右ルート早雲寺公園の早雲寺林を抜けていくコースにしてみますー。

橋の上から見た川ー。
004_20120302004309.jpg

・・・・・。
右ルートは急な山道な階段をがんがん登っていくコースです。
正直あれは近道だったのか…、直線距離にしたら微妙に近いかもしれないけど。
ぜいはぁしながら小さい山城制覇位の高さを登っていきますと。
005_20120302004309.jpg
頂上。&休憩所。
…このあとは更に反対側に降ります。
確認の為に、帰りは左ルートのほうを通りましたが、距離はそんなに変わらなかった気がする(笑)
むしろ山を登って降るという行程の分時間かかっていると思います。
そうか。近道は「時間短い」ではないですものね…ふふふ。
あ、でも早雲寺林を楽しめます!(神奈川県天然記念物指定)

早雲寺に到着!
お寺の公式サイトでは拝観は9時からとなっていて9時より前に着いたのですが、門は開いていましたー。
006_20120302004309.jpg
もしかしたら、9時は団体拝観のための時間で、単体の境内拝観のみはもっと早くていいのかもしれません。

こちらは本堂。
外から本堂におまいりいたしまして。
007_20120302004309.jpg
降っていた雨がどんどん強くなってきます。
あれ、北条のご当主方…お墓参り拒否してます?(笑)

こちらは北条幻庵の作ったお庭。
(上杉的には景虎様の大叔父で義父ですよー)
008_20120302004411.jpg
本堂から見ることを前提にした位置ですよね。
中から見てみたかったー。

北条五代の墓所はこちらの階段の上です。
009_20120302004411.jpg
北条早雲・氏綱・氏康・氏政・氏直。
それから、説明看板には天正18年、箱根山を越えた豊臣秀吉がこの早雲寺に着陣。石垣山一夜城が完成すると早雲寺に火を放ち、当時威容を誇った建物は消失したこと。秀吉に北条が降伏し、氏照・氏政は切腹、氏直は高野山に追放となったこと、北条一族はのその後や早雲寺の再建のことなどが書かれています。
…なぜでしょうか、ごめんなさい、ごめんなさいと自分が代わりに謝りたくなってしまうのは…。

こちらは山門。
010_20120302004411.jpg
北条の家紋があしらってあって可愛いですよー。

帰りは役所の脇の敷地を通るルートで、こことおっていいの?という気分になりますが、いいらしいです(笑)
011_20120302004411.jpg
雨は弱まってきたのですが、代わりに霧がでてきましたですよー。
これはこれで珍しい景色、とぱしゃぱしゃ。

箱根湯本駅から小田原駅への電車を待つ間、箱最中で間食。
012_20120302004411.jpg
ゆず味と梅味で、どちらも酸味が利いていて食べやすいですー。
自分で羊羹を最中にインするタイプなので、最中部分がさっくさくですよー。

そして到着、小田原城。
小田原駅から徒歩5分~10分くらい?
013_20120302004410.jpg

というところで続きは次に。
Categorie歴史
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。