FC2ブログ
--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2011'09.14.Wed

また(笑)上杉武将隊さまみてきたー。あと鮫ヶ尾城も。

来週こそは行けないよといいながら。
結局また足を運んでしまう。

何かの会話の中で自家用車できておりますといいましたら。
謙信さまと景虎さまに「運転気をつけてなー」「無理するなよー」的なお言葉をいただきました。
ありがたいことです。
が。リゲインとメガシャキがあれば結構大丈夫なのです。

というわけで。
本日もゆるーい春日山日記。上杉武将様日記。

春日山神社境内。
001_20110913215842.jpg
この日はちょっと遅刻してしまいまして。
午前の演舞が見られなかったのが残念ですが。

声をかけてくださった十吾郎さんに「これからお屋形さまと本丸まで登城するツアーがありますよー」と教えていただいて。
早速、参加してきましたです。
十吾郎さんにはその靴で大丈夫ですかとかかとの高いサンダルを履いていたことを心配していただきつつ。
埋蔵文化財センターまでのコンクリートの道のりだったら無理ですけど、柔らかい土の春日山なら足に負担が来ないのでヒールサンダルでも大丈夫だったり…。いや、人には薦めませんが(笑)

お屋形様による登城ルート説明。
002_20110913215841.jpg
選択されたルートは息が上がって休憩…とかの必要のないゆるやかで短いルートでした。
…今度、お山にあまり登らない友人連れてくるときはこのルートいいかも。

先鋒は柿崎さんと謙信さま。
…先鋒の柿崎さんをオーバーラップする謙信さま…とか考えるとすごく謙信さまっぽい気がする。
003_20110913215841.jpg

要所の説明をいただきつつ。
004_20110913215840.jpg
みずほさんはまたも土塁やら溜池跡やら堀やらばかりぱしゃぱしゃ撮っておりました。

三郎景虎屋敷の杉の数が多くて。
005_20110913215840.jpg
見上げると結構圧巻だったので。ついぱしゃり。

樹齢五百年の松。
006_20110913215839.jpg
わーい。柿崎さんと一緒の松を撮ろう♪とカメラを向けると。
あのものすごく親切な猛将さまは「松とるのに邪魔かな?」と思ってくださったらしく、さっと避けて木を撮らせてくださいました。
しかしみずほさんは松と一緒に撮らせてくださいとはいえない小心者!(笑)

甘糟屋敷→景虎屋敷→御成街道→柿崎屋敷→景勝屋敷→大井戸→本丸へ。
柿崎屋敷にはお庭があったですよーという説明をいただいて。
果てしなく妄想の風呂敷が広がりそうになりました。
溜池のあるお庭で何をしていたんだろうとか。
ご近所さん武将さまとどんな挨拶交わしたんだろうとか。

本丸到着。
007_20110913215954.jpg

護摩堂。
008_20110913215953.jpg
謙信公がよく篭っていたのですとか。
天地人では岩穴にこもってましたけど、本当は建物だったと伝えられていますよーって説明してもらいつつ。
岩穴を開けてそこに篭っていたというと松島の瑞巌寺を思い出します。

てくてく下山途中。
連れと、上杉家以外の武将の話をちょいちょいしていたら。
武将隊スタッフのおじ様に「いちばん好きな武将は誰なんですか?」と声かけられる。
…景勝さまと同じ五大老の宇喜多秀家さまですって答える。
…スタッフさま無言で次の話題に移る。
あー…うん。
さすがに、歴史好き友人の中に秀家さま知らない人はあまりいないからなー。
そして歴史好きじゃない人にそもそも秀家さまの話をすることないしなー。
誰それ知らないよの反応は慣れていないのでー…↓↓しょんぼり。
石田三成とか毛利元就とか無難なこといえばよかったんですよね…きっと。

ちなみに上杉家はどの武将が好きっていうか、お家を愛しているので。
…あでもわりと養子・猶子の世代が好きかな。史実の話をするなら。
景勝さま・景虎さま・上条お兄ちゃん。最近かなり気になる新発田重家も…近い世代だし。
…「お屋形様を大好き」な子供世代が好きというか。
話題がめちゃめちゃそれました。


雀ちゃんにおいしいお昼ごはんが食べられる所教えてくださいと聞きましたら。
さすが情報通の忍び(笑)さらさらといくつかを教えてくれましたよ!
009_20110913215952.jpg
市民プラザのリラックスというレストラン?で。
謙信公義の塩を使ったホワイト焼きそば。840円。
ホワイト焼きそばはお店ごとに全然違うレシピになっているらしく。
こちらは米粉焼きそばは確かに使用されているのですが。
味はコクのあるクリームパスタです。予想外においしいです。←塩味のホワイト焼きそばでも予想外にって思ったな…。

水撒きをしている春さん。
今日はホースとか!文明の利器を使用なのですね。
010_20110913215952.jpg

柿崎さんの演舞、槍をくるくる回す動作が加わっていて楽しかったー。
011_20110913215951.jpg
より派手なアクションにしていっているのかなー。

宇佐美さんの采配を後ろに向けて頭を下げる動作がいつもきれいで好きなので、撮りたかったのですが。
012_20110913215951.jpg
アグレッシブにアップを目指したらピンボケしました。

ブラザーズの交わす台詞の変化、ちょっと楽しみになっています(笑)
013_20110913233654.jpg
二人の動作がぴったりそろうとそわそわします。嬉しくて。

景勝さまは手を突き出すこの仕草が好きです。
014_20110913233653.jpg

数字を口にするとき指を数字分立てるのってかわいいですよね。
015_20110913233652.jpg

今回は全体的にみなさま動きがぱきぱきしていて。
嬉しいなーって思ってみていたのですが。
謙信さまが。
最後の謙信様の動きが本日めちゃめちゃ気合い!ってかんじで。
016_20110913233652.jpg
お山に登ってお疲れではないのですか!?(笑)

集合写真「かすがやま!」の合図で。
十吾郎さんと柿崎さんだけお山のポーズを取っているよ!
017_20110913233651.jpg

景虎さまと柿崎さんに9月4日の米沢でのお芝居演舞のお話を聞かせていただき。
裏話的な台詞の相違とか動作が予定ではとかもろもろ(笑)
記憶の中と照らし合わせたりして、先週の楽しい気持ちを思い出して嬉しくなったり。
脚本演出景虎さまなんだー。
…あのお芝居演舞を思い出すと…妙に納得だったり。
あでも、少し話が長くなってしまっただろうかと反省しつつ。
うーん。やっぱりもう一度あんなお芝居演舞みたいなー。
↑アマチュア演劇観にいっちゃう程度にはお芝居見るの好き。
あと知らずに参加できませんでしたけど、今日も武将様が出題するマルバツクイズをしていたのですね!
景虎さまが出した問題を聞かせてくださりまして。
…また北条系…!颯次郎はともかくみずほさんは北条全然詳しくないのに!
「御館の乱で景虎の援軍にくる予定だったのは北条氏照と北条氏政だ」…だったかな?
氏照お兄ちゃんが援軍予定だった話は聞いたことがあるな。もし氏政お兄ちゃんもなら「氏照たち」とは表現されずに「氏政たち」て表現されてそっちの名前を強く覚えているはずだからもう一人は誰かわからないけど少なくとも氏照お兄ちゃんより下のコ、氏政ではない…かなーとか。
…ていうか北条がらみじゃなくて上杉家の家臣なら多分わりとわかるのに!(笑)むむむ。

普段謙信様はいつも人に囲まれているのでお話をする機会が少ないのですが。
今回はお山に登ろうツアーも含め、珍しくお話しした気がいたします。
ずっと陽に当たっているからか、日焼けが赤くなって痛そうでした。
「昔は色白だったと聞きますけど、焼けてしまいましたね」と颯次郎。
「昔は月に七日篭っていましたからな」とそばにいた景勝さま。
そのエピソードに絡めた切り返しは景勝さま、…できるコ…ッ!!
「昔はわし引きこもりじゃったからなー」と謙信様。
その切り返しはかわいすぎるのですが!(笑)

その後。
暗くなる前にとダッシュで登城してきました。
鮫ヶ尾城址。
018_20110913233651.jpg
先日、御館の乱に浸ったせいか。
無性にここに来たくなってて。
春日山城址で本丸の石碑とかに手を合わせることってないのですが。
ここでは、手を合わせます。

ススキが生えていて。
秋になってきたんだなーとか。
019_20110914001318.jpg

ふもとの勝福寺で景虎さまの供養碑にもお参りして。
020_20110914001318.jpg

上越市内に戻ってデパート内で夕ご飯。
デザートにジェラートも。
021_20110914001317.jpg
地元の食材を使ったジェラート屋さんなんですね!
シングル300円、ハーフ&ハーフ350円。

・夜桜→桜の風味ジェラートに練りゴマが練りこんであって。これめちゃめちゃ好き!人に薦めたい味!
・コシヒカリ→ミルクバニラ味に粒々のお米の食感が混ざっているかんじ?品のいい味でこれも好き。
・雪室珈琲→珈琲味というとわりとべたべた甘い味が多いのですが、こちらのはすっきりほろ苦くて「大人の」という表現にぴったりでした。
・義の塩→塩飴が好きならきっと好きな味。颯次郎はめちゃ褒めてました。みずほさんはこの系統の味は甘く感じすぎて食べられないのですが。←甘党ではないので。

そして。
ラーメン屋さんの名前にどきり!
熊本ラーメンで「清正」とかー!
022_20110914001316.jpg
入りたくなるじゃないですかー!
垣間見える「肥後」の文字も魅惑的です。
こ、ここは越後・上越ですよね…!?
Categorie歴史
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。