--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2011'08.27.Sat

祭りの後の春日山城も堪能。

午前の演舞が始まる前に。
お祭りの翌朝集まってみると、昨日は人がたくさんで気づかなかったけど「お久しぶりです~」と挨拶し合うような知人に会ったり。っていうか、毎年上越か米沢のお祭りのときとか景虎さまの法要のときにかな?(笑)
そしてまた来年~とわかれるのですが。
048_20110827113146.jpg
早めに集まってたお客さん(自分たち含む)と談笑中。
午前のときか午後のときかちょっと記憶うろ覚えなんですが。
ここから新井(妙高市)までの距離が車で30分くらいで…と雀ちゃん。
「え、20分くらいじゃないですか?」(颯次郎)
??という顔の雀ちゃん。
「鮫ヶ尾まで20分くらいでつきますよね」(颯次郎)
あ、鮫ヶ尾までは20分くらいですねーと雀ちゃん。
新井=鮫ヶ尾ですみません!っていうか、殆どそこしか行ったことないですけど!(笑)
あとはホテル?謙信公祭のときは上越のホテルがいっぱいになるので、そしたら新井のホテルを予約するのですー。
※鮫ヶ尾=景虎さまが自刃したお城です。ふもと近くに菩提寺もあり。


昇龍演舞しかみたことなくて、通常の名乗り上げ&勝どきだけのパフォーマンスって初めてですー。
049_20110827113146.jpg
当日は、謙信公・景勝さま・景虎さま・雀ちゃん・春さんだったので。
短いお芝居が「上杉ブラザーズ」バージョンでしたー。
「勝」「虎兄」って呼び合うの可愛いー!
ほんのり張り合う雰囲気も、男兄弟!ってかんじで好きですー。
アドリブでしょうか?午前のときだけアクションの後に「息が荒いな、勝!」「虎兄こそ!」の定番(らしい)掛け合い台詞に景勝さまがぽそりと「…そうでもないな」という言葉が追加されていましたです!午前で涼しかったからでしょうかしら!

演舞の後の写真撮影をまったりと眺めつつー。
自分たちも集合写真でとっていただきつつー。
あー、でも帰ってきて自分も写ってる写真とか見ると羞恥心で死にそうな気持ちになります(笑)
あかん。またプチダイエットしよ…。

談笑が続いている境内を残して。
次は、春日山の本丸へ!
実は颯次郎が途中合流で昨日はお山に登っていないので。
昨日時間がなくて行かなかったところも含めて別ルートで登るかんじです!

謙信公のお屋敷説もある「屋敷跡」から登り始めて「搦め手」の空堀前へ。
051_20110827113145.jpg

虎口を登っていって、直江屋敷。
052_20110827113145.jpg
こちら側から登ることがあまりないので、普段と景色の見えてき方が違います。
緩やかなのぼりなので、景色に目をやる余裕もあるし。

本丸から、直江津港の方角。
053_20110827113144.jpg
海と陸の境がきれいだなーと。

景勝屋敷を遠目に。伐採っぷりを確認。ていうか、昨日は見ていない颯次郎にこれが見せたかった!
054_20110827113144.jpg
景勝屋敷からも遠方がきれいに見渡せるようになっていますー。

颯次郎が柿崎屋敷大好きなので、柿崎屋敷を回って。
055_20110827113323.jpg
そしたら昨日とは違って天気がすごくよくて、空がきれいでした。
この景観は写真にとっておきたいかも!ってぱしゃぱしゃ。

三の丸屋敷跡。景虎さまの屋敷跡とする説が有力…と表現しておきます。
056_20110827113322.jpg
その土塁がかなりはっきりと残っています。きゅんきゅん。

看板といっしょに。ぱしゃぱしゃ。
057_20110827113321.jpg

甘糟屋敷跡を経由して謙信公像前までもどってきましたですー。
059_20110827113321.jpg
只今です。お屋形様ー。

お昼ごはんを生けすのある回転寿司屋さんでとりまして。
(回転寿司は食事時間が短くて済むから!)
ばたばたと次は林泉寺に。
058_20110827113320.jpg
茅葺の門。

「第一義」の門は敷地の中にあります。
060_20110827113320.jpg
仏閣の木の組み方はどうしてこんなに美しいのか。

お寺。
061.jpg
手前の蓮はもう咲いていなかったのですが。
ふと。そういえば武将隊さんが紹介していた高田城の蓮って見たことなかったなー。
来年は機会があれば見たいなー。

林泉寺の墓所へ。
なむとお墓参りいたしますー。
062.jpg
川中島の戦死者の供養等もありますが。
謙信公・謙信公のパパ、おじいちゃまの五輪塔があります。
それから少し手前に上杉家が去ったすぐ後の越後を治めた堀秀治・秀治のパパ、おじいちゃま。
徳川四天王で後に越後の藩の一部を治めた榊原家のものも。
仏教は詳しくないのですが、お寺には「格」があって、庶民と身分のある人は同じ寺の檀家にはなれなかったそうですから。そうすると林泉寺は身分のある方専門のお寺だったのでしょうね。
ラインナップ豪華すぎる…。

埋葬の形態というか、少し変わったかんじの。
063.jpg
土塁に囲まれたお墓が珍しくて。
堀家はどれもこういう土塁をしっかり盛って、その中心にという形態で。
珍しいっていいたくて載せたり。
みずほさんはこっそり堀秀治を「ホリヒデ」という愛称で呼んでいるのですが。
あれ、堀家3代みんな堀秀がつくから特定できない愛称じゃんということに気づきました。
が、懲りずにこれからもホリヒデって呼びますけどね。

時間が来たのであわただしく春日山神社境内へ。
午後の演舞もみたいからー!

で。最初に雀ちゃん・春さんのトークから。
謙信様の口上。
そこに突っ込みを交える景虎さま。

…あれ?あれ?
…どうしよう。
…午後、はじまってからここまで景勝さまがひとこともしゃべってない!(笑)
それを颯次郎に耳打ちして景勝さまっぽいー!と笑っておりましたら。
謙信様がちょうど「恒例のクイズを出そうと思うがわしらのなかの誰に出して欲しい?」と。
そして上がる「景勝さまでお願いします!まだ一言もしゃべっていないので!」という別の方の声。

やっぱりみんなもそう思っていたー!!(笑)

クイズがなかったらわたしたち、景虎さまの声を聞けなかったのではないかという。

午後の演舞の写真は殆どありません(笑)

写真はここまででいっぱい撮ったから、今度はなるべくカメラを置いて自分の目で満喫したかったので!
目の前でのアクションはやっぱり迫力で、リピートしたくなりますー!

こちらは終わった後に、「第一義!」のポーズ。
064.jpg

天を(毘沙門天?)を仰ぐ謙信さま。
065.jpg
うわー。めちゃめちゃ元気玉が集まってきそう。

春日山楽しかったー!
ずっと始終、嬉しくて、楽しくて笑いっぱなしで。
武将隊にハマる方の気持ちが心のそこからわかりました…。
Categorie歴史
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。