--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2011'08.27.Sat

謙信公祭にいってきました!川中島再現とか。

ブログ拍手ありがとうございます。
うかれ旅行記ばかりでなんだかすみません。

春日山城址公園に移動するために埋蔵文化財センター前でバス待ちしてたら。
出陣行列が!
035_20110827075300.jpg

パフォーマンスも!
わーい。弥太郎さまだー。
036_20110827075259.jpg

埋文前には出陣行列参加者専用の給水所が設置。
マラソンランナー用みたいに。
037_20110827075259.jpg

…和尚の給水がやたらと長かった件。
038_20110827075258.jpg
あれ。もしかして。出陣行列が全部通りきるまでバスって入ってこれないんじゃ…ということに突如気づく。
あちこち通行止めの嵐。
スタッフさんに確認したところあと20分くらいは入ってこれませんねと。
やっぱり(笑)
陣太鼓&おもてなし武将隊のパフォーマンスに間に合わないね!
城址公園まで歩けるかなー。毎年のように通ってますから道は知っていますけどね!

バスをあきらめてさくさく歩いてまいりますと。
時間少し余裕があるくらいに城址公園に到着。
屋台で夕ご飯買う時間あるよときょろきょろ。
お祭り満喫ですよー。
お好み焼を買うとおなかがいっぱいになって他が楽しめないからー、大阪焼きにー、焼き鳥にー、冷やしパインにー。
お祭りの屋台って結構ローカル性でますよね。
自分の地元では絶対にあるものがないとか。

そして。
ちょうど会場に到着した上杉武将様方に遭遇(笑)
いや、ストーカーするつもりはないのですが…!
屋台の方に「ご苦労様でございまする!」と一人ひとり声をかけて行かれたのが印象に強く。

陣太鼓&上杉武将隊コラボ演舞。
雨がちょうど強くなり始めるくらい。
雨の日は太鼓って大変ですよね;
ぬれて大丈夫なのかと心配になります。
039_20110827075258.jpg
雨で真っ白くなった写真ばかりで。
イマイチきれいな写真が残っていないのですが。

狭いスペースで演舞。
陣太鼓の演奏のときに、武将様たちがぐらりともせず静止して待ってますー。
040_20110827075257.jpg
思ったより武将隊の演舞が短くてしょぼんー。

川中島の戦い再現の為に、会場にに入場してこられる出陣行列のみなさまー。
041_20110827075401.jpg

後半に高坂隊が駆け下りてくる階段ー。
まだ明るいとはっきり見えますー。
042_20110827075400.jpg

弥太郎さま!
043_20110827075359.jpg
鬼小島弥太郎は…地元の武将さまだからなのか、こちらでは扱いがよくて。
戦で活躍!でも嫁にはちょっと弱いとか。
嫁の松江の口上が「あの弥太郎も恐れる女丈夫、松江」なのとかめちゃくちゃ可愛いと思う。
鬼と呼ばれた小島弥太郎に自分もかなわぬとかいわせちゃう松江。
というか嫁にはかなわないよっていってくれる弥太郎さまにきゅんきゅんするわけで。やっぱり愛かとか。

山本勘助。
044_20110827075359.jpg
装飾に手が込んでいるなぁとか。髭むさいかんじがたまりません。

新発田さん。
045_20110827075358.jpg
この川中島合戦でだったか、午前の武帝式でだったかは曖昧なのですが。
戦の前の口上で「遥か遠方揚北の地よりお屋形様の為に参陣仕った。お屋形様の為に御尽力申し上げる」(細部は微妙に言葉違うかも)という意味のことをいっていて。
それ聞いただけで泣きそうになったのですが。
彼らは盟主である謙信様の戦の為に働いて。
御舘の乱では景勝さまについて武田との調停までして。
なのに報われなくて。怒って当たり前だったと思うし。
景虎さま方についていたらって、思わなかったわけないですよねとか。
でも中世の国人支配からの脱却の為に必要だったからとか。
そいういうの考えると、もう心臓がぎゅうってなるというか。
国人たちにとっては理不尽ですよね。
豊臣家の威光に組み込まれて国人衆を制圧する必要がなかった宇喜多家は国人衆の力が弱まらなかったけど。
その点、新発田の乱は理不尽だけど、でも国人の力を弱められて、上杉家の国主の力を強くする儀式で。必要だったけど。
あ。ええと。そういうのがこの先待っているのに「遥か揚北の地より」参陣したことに泣きそうになるわけで。

高坂ー。
046_20110827075358.jpg
同行者のさのう嬢が「弾正って名前じゃなくて位ですよね。なんで彼は名前じゃないんですかね」と呟いたよ。
…そういえばそうだー!(笑)
なんであの旗、弾正なんだろう。
や、それいったら鬼小島も「小島」だけど(笑)

始まる少し前に。
遠方の方と地元の方?の会話がちょっと聞こえてきて。
「今日は武田信玄の声優は戦国BASARAの信玄と同じ人がやってるんですよ」っていっていて。
はぁぁ?
それ知らないっていうか、どこかにそれ載ってました!?そういうのは広報とかローカル紙とかだけじゃなく、外の人もわかるように発表しておいてー!
047_20110827075432.jpg
で。
聞いていると。
確かに上杉軍はライブ音声が基本になっているようなんですが、武田軍は別撮りしたものに武者さんがあわせて動いているかんじで。
信玄公の声はBASARAのお館さまでした。
前線に向かう勘助を「勘助ぇ!」って呼び止めるときのドラマチックさ!(笑)

上越の川中島合戦はドラマ性がやっぱり好きです。
米沢は川原の高低さで圧倒的に見易かったり、迫力あったりですが。
上越はお話として面白い。エンターテイメント。
アクションスタントさんの馬上戦、やっぱりいいなー。
忠実にやるのももちろんもちろん楽しいですけど、今年は武帝式部分は少し切ってだらけないように仕立ててあって。
見た後の満足感があります。
あくまでメインは合戦の流れなかんじで。
ぶっちゃけお話の流れ的にはガクトさん使うことで切れてしまいますけど。
上越に人がたくさん来るという結果だけ考えるならそれはまあ…お役所の判断がそうなんだと思いますし。
基本の脚本自体はここ2、3年使ってるやつ好きですー。
前の「あんれー、弥太郎様ー」も笑えたけどね(笑)

ただ、何でしょうね…上杉より武田で参加してる方のほうがノリがよくてテンション高くて楽しそうでした。
翌日、合戦に参加していた方とお話したら「上杉軍は演技指導とかすごく入って余計なことすると怒られるんですが、武田軍はそのあたりがわりと緩いからですよー」って。そうかー、なるほど!

次は通常の上杉武将隊演舞、初!と、林泉寺・春日山城登城~。
Categorie雑記
トラックバック(0)  コメント(4)
Next |  Back
はじめまして~。

今年の謙信公祭で鬼小島隊で参加した者です。
我が殿(鬼小島弥太郎)の写真が・・・w

貰っていってもよろしいでしょうか?

みぅ:2011/09/03(土) 03:17 | URL | [編集]

ダウンロードという意味でしたらどうぞどうぞ^^

みずほ:2011/09/03(土) 08:39 | URL | [編集]

はじめまして

我が隊の者から聞いて拝見させていただきました
鬼と恐れられた鬼小島弥太郎をやらせていただいてた者です(´▽`)
パフォーマンスでの写真も撮っていただきかたじけないm(__)m

信玄公は去年からBASARAお館様になっておりました(#^.^#)

以後お見知りおきをm(__)m

毘毘:2011/09/04(日) 02:50 | URL | [編集]

わあ。謙信公祭ではお疲れ様でしたー!
BASARA信玄公は去年は気づきませんでした;
教えてくださってありがとうございました~^^

みずほ:2011/09/05(月) 20:06 | URL | [編集]

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。