--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2011'08.08.Mon

うきうきちょそかべ旅行へ行ってきました④

ブログ拍手ありがとうございました。
友人結婚式いったりしていたら、気づいたら時間あいちゃいましたが。
でもまだ旅行記は終わっていないらしいですよ!
高知旅行後編だよ!

若宮八幡宮。
泰神社で巫女さんと話しているのをみかけて参拝者の方かなーと思っていたおじさまが。
こちらにきたら社務所にいて。
神主さんだったらしくなんとなく動揺。
元親さんが初陣のときにこちらの神社のそばに陣を張って、戦勝祈願をした神社だそうです~。
019_20110724144541.jpg

鳥居。
020_20110724144540.jpg
当時あった鳥居は、九州討伐の出陣で戦勝祈願したときに陣旗が引っかかるという不吉があった→その戦で嫡男信親戦死→元親さん怒って鳥居を海に流しちゃった!って。
以来300年近く鳥居のない神社だったそうです~。
これは新しく作った鳥居。
鳥居に桐の紋が彫られているのとかちょっと気になりました。
ここにくる前にいったお寺の鐘にも付いていたし。

狛犬の上にかわいいものが乗っていたので。
021_20110724144540.jpg
ついつい撮ってみる。

若宮神宮。
022_20110808002450.jpg
ついでに、長曾我部元親を大河に!に署名してきた。
地元から愛が伝わってきて。
観光に力入れて大河誘致!に本気度を感じつつ。

若宮神宮から程近いところに初陣跡がありまして。
公園のようになっていますです。
023_20110808002450.jpg
馬防柵。

初陣像のそばの囲いに家紋。かわいくて思わず撮ってみる。
024_20110808002449.jpg

元親公への手紙。
とかかれた中にはノートがおいてあって、一言を書いていってね!という仕様のようです。
書くどころか中身を見るにも勇気がいる気がするのはわたしだけか。
025_20110808002804.jpg

像のそばの駐車場の入り口に大きく看板。
026_20110808002804.jpg
観光地に解りやすい看板は重要だよね。うんうん。

足元に四国の地図と、初陣像。
027_20110808002803.jpg
四国の地図とか!芸が細かいというか。
行き届いているとか!
高知は観光演出がうまいですね…。

すごく大きな像でして。製作費の桁もすごかったですが(笑)
遠くから近づいていくとだんだん像だけが見えてきて。
思わず、ぎゅんとテンション上がって「も・と・ち・かー!」と叫んでしまいましたです。

観光ボランティアのお兄さんが後ろからも是非とっていてくださいね!っていうので。
028_20110808002803.jpg
後ろに回ってみると、「初陣像なので姫若子と呼ばれていた名残として長い髪の房があるんですよ」って説明してくれて。
あ、ほんとだ、尻尾あるよとぱしゃりぱしゃり。
でもよく考えてみたら、姫若子じゃなくても当時は尻尾結ってるような…。

兜の一部は金色に塗ってありますですねー。
029_20110808002802.jpg

像から少し離れた場所の元親公墓所。
030_20110808002802.jpg
道順はちょっと難しいけど、その近くに行ってしまえば看板が目立つので見落とさないかんじでしょうか。
長めの階段を登っていきますー。

途中にある家臣の塚。
031_20110808002925.jpg
信親の墓の横にも戦死した兵士の供養塔があったし、こちらも元親墓所のすぐそばに家臣の塚があるしで。
主君と家臣を一緒に供養のパターン多いなぁとか。

こちら墓所の手前の碑。
032_20110808002924.jpg
お墓はこの奥にありましたですー。

そして、元親さんの愛馬の塚がすぐそばにあるはずだけど見てないな、ときょろきょろ。
地図とにらめっこしていったりきたり。
いた!入り口に目立たなく、しかも道側を向いていないからなかなか見つけられなかったですよ!
033_20110808002923.jpg

途中見つけた看板。
たっすがいはいかん??
034_20110808002923.jpg
御当地看板なのはわかるのですが、あまりにも意味が推測できなくて。
後で調べようとぱしゃり。
帰ってきてから検索してみましたが「たっすがい」は「弱気」とか「弱弱しい」とかという意味らしいです。
御当地看板とかお国言葉とか大好き。
余談ですが、博多のガススタに「洗車だけでもいいばい」って書いてあったのはいまでも印象に強いです。

いま思い出してもハードな日程だなぁ…ですが。
次は歴史民族資料館ですよー。
035_20110808002922.jpg
おもちゃと模型が特別展になっているの込みでこの看板おもしろい。

資料館大好きー!ただ、この旅行で足は疲労ピークです。
資料館内歩くのも辛かった(笑)
岡豊城登りたかった!
でも歩けなかった!あー、リベンジしたい…。

資料館は、長曾我部元親史料の階が大変楽しゅうございました。
ビデオ上映。映像の中で使っていた陣内と、同じに仕立ててある陣のセットに座ってビデオを見るという不思議な
演出とかすごくよかったのですー。
あとは兄弟、お子さん関係の資料たっぷりで。
長曾我部氏にさっぱり詳しくなかったのでお勉強になりましたです!
あとは売店で売っていた史料の写真集的な冊子、誰が誰に送ったお手紙文面とか諸々。
この手の史料は大概3000円↑↓で売っていたりするので。
でもここは800円という安価で売ってたよ、長曾我部氏すごい。九州討伐時の宗麟関係のお手紙も含まれていたので思わず買った。
というか、研究論文的なものもいろいろ置いていたみたい。
高知県の歴史資料のオープンさがすごい。


というわけで。
階段を登って途中が資料館、ずっと登り続けると長曾我部氏の居城だった岡豊城に続いています。
036_20110808002922.jpg

帰りに高知駅で駅弁買おうとしたら15:00で閉店で買えませんでしたー。
あー、お昼の前に1回だけ仕入れてそのお弁当の賞味期限が切れころに閉店なかんじなのかな。
自分が使う駅は夜も駅弁売ってるので…ぬかりました。
Categorie歴史
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。