--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2011'07.24.Sun

うきうきちょそかべ旅行へ行ってきました③

高知城の近くにホテルとって、しかし一歩も高知城には踏み入れないとか。
チェックインしてひとまず。
初日夜の夕ご飯は、酒國長宗我部という居酒屋さん。
だってそんな名前だとか!
せっかくだから長宗我部に浸りたいじゃないですか!
001_20110724144201.jpg
店構えからなんだかもう長宗我部全開。
近辺の地名の提灯に行長の「小豆島」がまざっていて、そわそわした!

呼びチャイムが家紋はいっていてかわいい!
002_20110724144201.jpg
これを押すのか!押して呼ぶのか!

箸袋も家紋はいっていて可愛いのです。
003_20110724144200.jpg
そして。
お通しにオクラ豆腐とか。
季節の野菜ですね、以上の何かでにやにや。

本日のオススメ。
004_20110724144159.jpg
土佐にきたらば、カツオをとは思っておりましたが。
カツオのたたき・サイコロで値段決定。
なんだそれはー!と注文(笑)

特製サイコロ。
005_20110724144159.jpg
ドットが家紋になっているのとか。
趣向が凝らしてあって楽しいです。
ちなみにサイコロの目は確か3だったので980円→300円だったかと。

以前、BASARAコラボ日本酒で長曾我部をだしていたメーカーさんの味が大変好みだったので。
同じ蔵元の「司牡丹」という地酒を注文。
006_20110724144158.jpg
みずほさんは日本酒は冷でしか飲まない派。
涼しい徳利ででてきましたよー。
お味は期待通り、料理の味を邪魔しない、ひたすら辛口ですっきりとした飲み口。

もろキュウを頼んだら。
007_20110724144306.jpg
甘く味付けした味噌がでてきて衝撃。
お酒のつまみに甘い味噌…!?
あ、でも焼酎圏ならそれもありなのか…。

おもむろに。
キュウリに酒盗(かつおの内臓であえた塩辛)をつけて食べはじめたりする田舎味噌文化圏のわれわれ。

あとは長曾我部きなこ黒蜜アイス。
008_20110724144306.jpg
お店の名前がついているだけなのかもですが、長曾我部アイスときいては頼まずにおれませんよ。

翌日。
秦神社に到着~。
009_20110724144305.jpg
長曾我部元親を神様として祀っている神社です。

記念碑的なものぱしゃぱしゃ。
010_20110724144305.jpg

参拝前に、手とか洗って。
011_20110724144304.jpg
さりげなく地銀が主張していて気になります。

ご神体(?て社の中にあるものという印象があるのですが。
012_20110724144304.jpg
参拝してみると、こちらのは向こう側の壁がなくて山そのものが見えていて、置いてある棚も社の外側に突き出していて。
なんというか、山にお参りしているような、不思議な形状でした。

せっかくになので、おみくじ引いたり。
家紋入り可愛いな。
013_20110724144425.jpg
中吉。
このあとおみくじは綱に結ばれました。

神社のお隣の敷地はお寺になっていまして。
雪蹊寺。
014_20110724144424.jpg
元親さんの菩提寺で、嫡男信親のお墓があります~。
鐘。
015_20110724144424.jpg
というか、鐘の桐の紋が気になって。
016_20110724144423.jpg
なむーと参拝いたしまして。
どうやって信親のお墓にいったらいいのか、お寺の敷地内でうろうろしていますと。
ふと横に。
017_20110724144423.jpg
渡り廊下をくぐっていけと(笑)

信親の五輪塔と、戸次川の戦いの戦没者、それから香宗我部系の血筋の和尚様のお墓が一緒にありましたですが。
018_20110724144422.jpg
石碑だけー。
和尚さんは香宗我部系と書いてあるのは元親の弟の家系なのか、それとももともとの香宗我部家の血筋なのか気になるのですが。

ブログ拍手ありがとうございます~。
次で旅完結なので!
Categorie歴史
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。