FC2ブログ
--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2009'05.07.Thu

in米沢、天地人な旅~。

大河見ながらとか、お風呂上りとかにお宿で飲んでたお酒は。
雲洞庵で買った、沈勇剛毅「上杉景勝」。意味を知らなかったので辞書でひいてみると「沈勇→落ち着いて勇気のあること」「剛毅→意志が堅くて強く、くじけないこと」ってでてきました。



精米歩合63%。飲み口はそんなにきつくないですけど、後味が超すっきり。後味に甘さが残るのとかすごく苦手なので、このコはみずほさんの好みど真ん中。もう1本買ってもよかったなあ。
ちなみに「兼続」は芳醇系らしいので、多分みずほさんの苦手な味とおもわれる。


米沢の春日山林泉寺は、国替えのときに移したからそゆ名前なんですね。春日山て。
これは菊姫のお墓。


yonezawa02.jpg

こっちは仙桃院さま。他の方は戒名で表記されるとわからなくなるけど、仙桃院さまだけはすぐにわかる(笑)



兼続とお船のお墓。
他の家臣の方よりちょっと立派に囲われておりました。



こっちは甘粕さん(パパイヤ鈴木がやってるひとー)。
甘粕さんの白石城って、伊達のほうの小十郎が治めたあの白石城でしたか?


林泉寺はお墓参りだけして。
合戦場の目の前にあるお蕎麦屋さん(おいしかったー)はさみつつ合戦場へ。



携帯カメラでとってるんですよー。でもこんなに近いのですよー。




死屍累々。合戦の最後のあたりです。



勘助の倒れっぷりもさることながら、旗持ちもこの体勢で死体なのが。すごい(笑)魅せる死体ぷり。



上杉家廟所。これは、一番奥で中心にある謙信さまの。
いちばん立派で、ここだけ浄財入れがおいてあります。神格だから?(笑)



殿の廟。お花とかお酒がいろいろお供えしてあって。「ここにメガシャキお供えしたら痛いひとですかね」「痛い人ですよね」って友人と話してたら、赤穂浪士の代の方のほうに、すでにお供えされていて軽く動揺。ちなみにお供えしてあったお酒は「景勝」とかでなく「菊水の辛口」でした。あ、それはそれで殿に合うお酒だ…殿は辛口酒がお似合いになると思う。







上杉神社の屋台に鮎の塩焼きが毎年でているんですが。
珍しい!そしておいしい。串にさしてぱちぱちとはぜる炭のそばにおいて焼いてるのです。
ちなみに毎年400円なのですが、そして午前中は400円だったのですが。
今年は売れる!と思ったのか、お昼ごろには500円に値上がりしてました(笑)
地元人はどう思うかしらんけど、他県人からしたら祭り屋台で鮎塩焼きが400円で売ってるのは安い値段だと思う。




天地人博は、中が撮影できなかったので。
かねたんと看板をとってみた。
魚沼の天地人博みたいにメイキングはありませんでしたが、与板の兼続お船ミュージアムみたいにキャストインタビューがありました。
米沢のインタビューは兼続と景勝様ですよー。
兼続の中の人に「殿をどう思いますか?」「殿の中の人を銅思いますか?」ってきいたり、殿の中の人に「兼続をどう思いますか?」「兼続の中の人をどう思いますか?」てきいたり。殿の中の人が、殿にも兼続の何に惹かれているのかはっきりとはわからないけど大切、っていってるのが。なんというか、感性のあるひとだなあと思ってみたり。殿って、確かにそんなに自分の感情を器用に認識するタイプじゃない印象かも。だからこその遅すぎる初恋なわけだし(笑)

ていうか、かねたんかわいくないですか!?
各所にあるかねたんに、かなりめろめろできゅんきゅん。
お土産コーナーにあった「いも煮を食べるかねたん」のクリアファイルが衝動買いしてしまうくらいかわいかった。さらに、かねたん絵本まで買ってしまう始末。

かねたんのいちにち (ブレインナビブックス)かねたんのいちにち (ブレインナビブックス)
(2009/01/29)
おかの あき

商品詳細を見る


かねたんの好物は「米沢牛コロッケ」ですよ。さらに「米沢ラーメン」も大好きだそうですよ。…お金の匂いがぷんぷんする好物だな!いやらしい!(笑)でもかわいい!
ちなみにお仕えしてるのは「かげっちさま」だそうです…。
かねたんがご褒美にもらったコロッケは…かげっちさまが揚げたのでしょうか。



Categorie映画・ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。