FC2ブログ
--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2011'05.22.Sun

筆休め落書き。SHT。

WEB拍手ありがとうございます!
モチベーション上がります!


で。描きにくい場所ににぶちあたって気分転換に、関係ないお絵かき。
戦国でもないし(笑)
gokai02.jpg

何年かに1回くらいSHTのどちらかにはまったりするのですが。
今回は7:30のほうがはまり。
自分より体格の小さいコの陰に隠れたりする(隠れ切れてないよ)緑ハカセのコがツボすぎる。
でもごはん作ってくれたり、ごはんを前にみんなに「おあずけ」させてお説教したりで。
ヘタレ・オカン・インテリの3要素とか、みずほさんが嫌いなわけがない。薄い色の茶髪とかも。
一人だけほかのコより指名手配の賞金が少ないとか!赤のコの100分の1くらい?(笑)
…なにそれ!実は敵方にとっていちばん脅威になる発明に成功するとかしたらいいのに!そして後半はむしろ狙われるとかしたらいいのに!
って、蹴球友人に叫んだら「僕は…途中で裏切って敵方につけばいいのにって思ってた…」て反応された。
あと、亡国のお姫さまな桃のコも嫌味のない乙女ポジションで好きー。
あー、でも赤も青も黄もスポット当たる回はどのコも魅力的で大好きー!
青のコは可愛い系だと思う。ギャップ萌えがすごい。

gokai01.jpg
皇帝の息子で地球侵略の司令官とか。
もう殿下もツボすぎる。
あと、殿下の命令しか聞かない、殿下の為だけを考えてる部下とか…嫌いなわけがない!
毎回殿下のかわいいっぷりも楽しみですよ!
殿下が擬人…いや地球人化な容姿なのは…仕様です!
スポンサーサイト
CategorieSHT
トラックバック(0)  コメント(0)
2010'01.17.Sun

特撮シンケンをみたよ。

いやー、侍とか流行りにのっかっちゃったのはちょっとー、とみていなかった日曜朝7:30のあれ。
夏休みの10周年と一緒にやってた映画&掟破りのテレビ本編合作をみたらすごく面白そうで、ずっときになってたんですが。
この年末年始にかけてDVDレンタルしてきてみましたですよ。
その辺の感想はアニメBASARA感想の次にかこうと思ってたんですが。
たまたまとばして先週今週放映分をみたらすげえ叫びたくなったので、こっち先。
ていうか、45話・46話やばい。
ものすごく急展開「真実」の回をみちゃったかんじ。
2話とも泣きじゃくりながらみてました。
今回の戦隊はほんとドラマ部分がすげえ。
ロボット合体戦闘のあたりはさすがにちょっと眠くなるんだけど。
キャラの作り方とドラマパートがすげえ。

前作今作次回作あわせた映画をやるんですね。
予告の、モジカラで赤い車出しちゃう殿すげえ気になる。
まあ、突然馬を出すんだからそれもアリなんだろうけど。
…その映画はいつDVDになるのかなあ。←気長。

DVD1~6感想。

殿→
別格に愛しい方。映画で初めてみて低い美声にきゅんとなった。本編でもやっぱり美声。
白い馬に乗って戦われるお姿が美しく。変身前後どっちもお馬に乗ってるのが好感度高い。
守られ系ですって人から聞いていたのですが。
…そうでもないかなーと。殿のわりにはぜんぜん、最前線で戦うし。
影で不断の努力をして実力をつけて、家臣を不安にさせないように振舞うのとかもう本当に愛しくて。
じいやしかいないときだけ素で振舞うのとかも愛しくて。
あと、あたりまえにみんなのおやつのお金出す人なのがおかしくて。
全体的にクールで動じないのに、桃のコの手作り弁当の回で動揺しててかわいかった。
その意味でも桃弁当すげえ。
普通の戦隊って、みんなで力を合わせるものだし、パワーアップするときはみんないっしょだよね?
この作品はとにかく赤だけが特別ならそれでいい…ようにみえますが。

青→俳優さんに贔屓があるので印象いいのは否めないですが。
こいつも愛しい。映画の印象ではウザ系へたれ変キャラの担当かなと思ったのですが。
しかも、颯次郎の好きな系統のヘタレかと思ってたんですが。
(みずほさんは「基本ヘタレの人がみせる強い部分」が好きですが、颯次郎は「基本かっこいい人がみせるヘタレな部分」に反応するぽい)
青のコはさりげなくえらいフェミニストでして。桃のコの手作り弁当に一言もまずいっていってないのとか、遊園地の回で黄色のコの意見を最初に聞いてあげたりするのだとか。かなりときめきます。
花嫁がいっぱいの回。次回予告で花嫁が沢山いるシーンが映っただけで、颯次郎とみずほさんは「青が女装するー!」ってテンション上がりました。しかも予想通りだし!理由は…相葉くんは女装する生き物だよね?青は、女装していいキャラだよね?(笑)

桃→DVD見始めたわりと最初のほうで、青とラブラブの展開に。この戦隊アリなのそれ!って思ったら、きちんとオチてた。
ヘタレ好きっぷりとか、他人とは思えない。
青が弱ってても、殿が弱ってても、鋭敏なヘタレセンサーが働いているようです。
結婚願望が強いのに、料理が苦手とか。おねえさんキャラとのバランスがいい。女としてのレベルは高いのに、見ている側に反感を抱かせない絶妙なバランスがうまいなあと。
しかも、ヒロイン的なセリフをしゃべることが多いのにあれもみんなへたれセンサーの為せる技かと思うと(笑)

黄→妹キャラなのでみんなに愛されますよ。京都弁がたまらないですよ。
ウチが男だったら嫁にもらうのに~て、桃と仲良しなのとか。…そうそう、女の子ってそういう発言するよね。男同士でそれいわれたら引くけど、女の子だと「あるある」「いういう」ってって思っちゃうのはなぜか。あでも、現実に男同士でそれいわれたことあるな。某チームの某DFと某FWの雑誌インタビュー。
話題それた。
とにかくメンタルが強いコで。傷ついてるんだけど、表に出さないのとか。みずほさんのツボでした。

緑→それは漢字かけなすぎだろう。モジカラは書き順違うとでないらしいよ!
いちばん態度のでかいコがみんなより能力が劣るところからはじまってがむしゃらになるのとか。いい。
あと黄色への、小学生みたいな態度がかわいいのです。
一人だけ、主従の関係からはじまらないところが。他の3人が特別なんであって、一般論をみせてくれる感じで。
非日常が演出される気がします。
腹ペコキャラなので、いっぱいたべるよー。おでんも食べるよー。おでん合体するよー。…笑ったわ!
ホットケーキの回でパパと同じにもりもりホットケーキ食べるのがかわいくて。
甘いものをもりもり食べるのってかわいいですよね。…みずほさんにはできないから憧れる。

寿司屋→幼馴染設定とか!後から来たくせに殿の真横ポジションとか!
クールなふりしてる殿から爆笑を誘うのとか!…一人になってから転げ笑う殿かわいいいい!
殿から素の面をがんがんひきだしてくるので、結構好きです。
寿司屋の服装はいまいちーと思ってたら、私服になるとけっこう好みでした。
今回の私服戦隊、私服がほんとにかわいいよなー。
寿司屋のセリフがツボにくるのか、演技がツボにくるのか。
友人と一緒にみてたのでかなりがまんしつつ、こっそり感涙してた箇所が。

黒子ちゃん→緑のコがいろんなコを「ちゃん」付けで呼ぶのかわいい。
黒子ちゃんのお世話レベルはかなり高い。殿がお茶を飲むタイミングでふたをあけてさしあげるのとか。
侍の女子たちが料理できなくて、ご飯は黒子が作るもの…とかかわいい。
たまに仕事しない偽黒子もまじってますけどね。

外道のひとたち。→本当に外道でした。
子供が隙間のある場所にいけないトラウマになりそうだなとか思いつつ。
10周年とのコラボでナナシたちが偽エンドの隙間からでてきた理由がすごくよくわかった。
ああ、確かにあれは隙間だ。



45・46話の感想は反転仕様にしておきます。


こんな急展開だと思わなくて正月明けに無防備にみたら。
ああ、あんなに最初から続けてきたウソツキは伏線だったんだなあ。
じいに対してだけ無防備になる理由がわかった気がします。
殿の「びっくりするくらい」のセリフは何回聞いても泣いてしまう。
さら寿司屋のセリフに泣いてしまって。こいつは家臣らと違って人の平和より殿だけが大事なんだな…。
叫びたくなるのは、家臣らが姫には臣下の礼をとらなかったこと。
チアキが胡坐なのはまだしも、リュウさえただの正座でしかなくて。
リュウの「殿ー!」大絶叫でやっぱり泣きまして。あーでも、みんなと一緒じゃなくて、家臣としてって考えようとするのはすごく彼らしいなあ。微妙にマコのヘタレセンサーも稼動していたような?(笑)
姫がやっぱり苦手です。
殿が大好きすぎて、反動なんだろうなあ。
姫の家臣が嫌なやつで、姫はそれを不快に思ういい人で、姫を嫌わせない要素をがんがん出してくるのがもう腹立たしくて。
姫を擁護する演出にまで腹が立ってきて。
ここまで自分の感情引き出されるこの作品に頭が下がります。
CategorieSHT
トラックバック(0)  コメント(0)
2009'08.12.Wed

大ショッカーみてきた。+戦隊も追記。

前回ブログが31話になっている件については。
…気付いています。でも携帯から更新で、直せません。
近いうちに修正しておきます。


で。
SHT映画をみてきたわけですが。
やー、劇場版は年によって当たり外れの激しい印象あるのですが。
(鬼の年があまりのはずれで・・・)
今回は当たりに含めていいと思うー!
以下ネタバレたっぷり含みますのでご注意。


 ...READ MORE?
CategorieSHT
トラックバック(0)  コメント(0)
2009'06.18.Thu

今日は鬼の日。

最近、携帯からの更新ばかりでして、久々にPCからきたら拍手いただいてましたようで。
同人ちまちまへの拍手ってことは、原稿がんばれってことと受け取った!がんばる!
結局、8月の地元イベントあわせになりましたヨ。
カット的な小さいイラストは、ブログにも転用するかも(笑)
そいや、大河絵をカラーで描いたことないや。

で。
今日は、かーなーり今更な、2005年SHT話です。
先週末、颯次郎が泊まりにきてて、平成初代のと鬼のDVDをみてて、レンタルだったので他の人に借りられてて平成初代が1本しか見られなかったのに対して、鬼は本編6本+映画版というボリューム。
ほぼ鬼の週といってもよかったかと。
で、
なんだか語りたくなったので、語る。

鬼は、基本妖怪退治です。
そこに少年らの成長やら、師弟の世代交代やらが加わるかんじで。
当時、途中からみてたんですが。
確かザンキさん参戦の直前あたりから。で、ザンキさんが出てきてから夢中になってみていたという(笑)
やー、久々にみたけど、やっぱりザンキさんいいっす!
自分の記憶より弱いものに優しいひとでした。主人公にえらいやさしく接してて。
で、各師弟の個性が笑えました。
イブキさんは、育ちのいいお坊ちゃまなので、なにやってもスタイリッシュなかんじで物腰やわらかくて、気配りありで。弟子が「イブキさんはかっこ悪いことになりません。だってイブキさんがかっこ悪いの似合わないですから」て理想像的なスマートさ(笑)さらっと女性に褒め言葉遣ったり、でも弟属性!?な甘えん坊で優柔不断をちらつかせてきて。久々にみたら、えらい好みでした。
や、イブキさんみたいなスマートなひとだからこそ女の子の弟子が育てられるんだろうなあ。
ザンキさんちは、男所帯満載で(笑)
ザンキさんの一般人の助け方の粗雑さとか、機材の積み方の乱暴さとか。男くささがとにかく笑えて。
弟子がディスク扱うときの、乱暴さときたら、それは壊すわ!て突っ込みたく。
あと、他二人にはないくらい、ザンキさんと弟子の露出の高さが…(笑)
颯次郎は、トドロキさんが前を隠したときの手の位置を褒めていました。
ザンキさんちはトドロキの成長物語もメインかと思うのですが。
トドロキさんのメシ食べっぷり&量がもう楽しくてたまりません。お団子ばっくばく。米はおひつおかわり!遠慮しろ(笑)
ザンキさんは、なんだかんだいって弟子がかわいくて仕方ないのが。きゅーん。
女の子はヒナカちゃんがいちばんすきー。
10周年で、トドロキ→アキラだったのが、ヒナカ大好きなみずほさん的には許しがたかったのです。
…えっと、ヒビキさんは、あの人は完成形なので。
いまはあえて感想必要ないような。
あの人と主人公に何かいいたくなるのは、京介登場してからだ!(笑)

で、当時はそんなに注目していなかった敵さんが、DVDで見直したらすごくいい。
生まれたばかりの妖怪と、それぞれの妖怪にそれを育てる姫と童子がついていて。
姫と童子はいつも同じ顔なんだけど、性格も衣装も毎回ぜんぜん違ってて。
毎回使いきりのキャラだから、好き放題に演技してるのがいい。
ウブメのときの衣装が、ずるずると長い衣装をひらめかせる印象ですごく好き。
あと、ドロタボウのときの、「おいしそうですねー」の無邪気キャラがむちゃくちゃかわいい。
オオナマズのときの童子の動きが超幼くて好奇心旺盛で、姫がクールで、あの対比もかわいかった。
かなり姫と童子に夢中になってました。

で、主人公の空気の読めなさと、アキラくんの空気の読めるっぷりが楽しく。
やー、みずほさんは断然アキラくん派です。美少年系美少女ー!

劇場版は。
ええと、見なかったことにしてもいいいでしょうか(笑)
お前またカニ倒してるのか…くらいですかね。
CategorieSHT
トラックバック(0)  コメント(0)
2009'06.09.Tue

10周年のあれと、最初のあれ、鬼のあれ感想。

録画で貯めてた10周年SHTのあれを、わりと最近まとめてみてまして。
1話の主人公の演技の下手さに(正確には、発声の悪さに)どうしようかと思いましたが。
直近まで進むと、だいぶうまくなって。
で、このシリーズ、最初のころはまったく見ていないのでもとネタがわからなかったんですが。
どの世界にも、元の世界との間違いというか、相違点があって、それにツッコミを入れるのもこの作品の特色なのかなと思っているのですが。
最初の話のユウスケとアネさんは、アネさんがエリート警視(男)なんだよ。って。
いまさら聞いてなにそれ、と俄然興味深くなって、DVDみました!(正確には颯次郎が借りてきたので一緒に見てた)
10周年のユウスケは、癒しですねえ。良識担当。
オレ様なわりにヒーローとしてのモラルのある主人公も嫌いじゃないです。
ヒロインは、ちょい萌え要素強すぎて好みじゃないんですが、亀ちゃん憑依バージョンには素直に萌えました。
ライバルくんは、思わせぶりなセリフがおおい。モラルがないようでいて、一線を越えない、どこかお間抜けさんなかわいさもちつつな印象。
電の回は、憑依で期待通り楽しませてもらった上、映画とリンクしているせいか、世界はぜんぜん壊されていなかったなあ。あえていうなら、え、お前ら女の子にも憑依できたんだ…という。裏技でもみせられたかのような。
で、直近の鬼の回。なんだかんだって、あのシリーズ好きだったんだなあとか、思い出してみる。
電をのぞくと、他のシリーズは俳優チェンジしてるのに、鬼だけはヒビキしゃん以外俳優さんが同じなのにちょっと驚いたり嬉しかったり。
いやでも、鬼はそんな話じゃない~!ザンキさんとイブキさんはいがみあってない~!
トドロキがアキラくんにラブとか、えー、ヒナちゃんじゃないのー、いやまあ、少ないキャストでまとめるにはそうなるのも納得だけどとうにょうにょしてたら。
「ザンキさぁん!」「や、やめ!」のそっちの2人の関係は忠実再現してたので、
なにもかも許す!

平成の最初のシリーズみたよ。
CG技術はやっぱり10年前だなあとおもいつつ。
こ、これが伝説の!
当時いっせいに同人誌がつくられた理由がよくわかりました。
えっと、ユウスケ×警視?(笑)どうみても、警視のほうが振り回されておる。
朝焼け?のなかでユウスケの肩を枕にして意識が戻る…とか。直接的過ぎて、颯次郎とツッコミまくったわ!

ついでに、直近の鬼の回をみてたら、すごーく、みたくなったので。
鬼のシリーズもDVD借りてきました。4話までだけど。
久しぶりに見たら、なんだか映像美でした。
街中じゃなく、基本森の中での戦いだし。
そだそだ、このシリーズ敵さんの童子と姫のラインがすごくキレイだったんだよなと。
敵さんが妖怪なのも、妖怪好きには結構たまらない。
どんな妖怪か、知識がある分するするはいってきて。
4話じゃ、まだアキラくんもザンキさんもでてこないけど。
懐かしくて夢中になってみてました。



CategorieSHT
トラックバック(0)  コメント(0)
2009'05.13.Wed

電○&10周年の映画感想。

映画にいれるか、SHTにいれるか。相変わらずカテゴリになやむ…。

仕事帰りのぎりぎりの時間にいくのにもかかわらず、家に財布を忘れました。
颯次郎に家によってとってきてもらいました。
映画館で財布を受け取ったという。
またひとつ伝説をつくっちゃった…☆

今回は出オチとかがかなり多くて、できる限り情報入れないで行って正解だったなーと。
あと、カプ萌のひとにすげえサービス映画。
以下、確実にネタバレなのでご注意。
 ...READ MORE?
CategorieSHT
トラックバック(0)  コメント(0)
2009'01.18.Sun

キバ最終回とか。

なんか、天地人放映の後だと、記憶がなくなる気がするので。いまのうちにかいおくー。
最終回付近から最終回まで感想。

ああ、やっぱりパパのいる未来はなかったか、いや、第1話からわかってたけどな!一話から、その死がわかっているにもかかわらず、どんどん愛着わくひとになっていくのでどんな死で納得させるのかと思いましたが。たとえば、キングの手にかかってとかだったらすごく未練が残ったと思うし。子供世代が倒してエンディングというのもありだったんだろうけど、多分納得できなかった。あれは、自分で選んでああなったのだから、納得行く形なんだと思うなあ。
ヒロイン技能がどんどん高くなっていくのが心配でした。でも最後までかっこいいパパでした。
とりあえず、愛する人に膝枕してもらいながらって…(笑)いや、いいけどさ。
※ヒロイン技能→いいところでさらわれたり、いいところで守ってもらったり、いいところで気を失ったりするヒロインに必要不可欠な技能。

一時親世代の展開に夢中で子供世代どうでもよくなりかけましたが、最終回付近の子供世代展開の急激さに一気に引き込まれました。
ナゴさんの原因不明の失明とか!どこにも複線がないんですがー!あ、まって、ナゴさん関連は最後にまとめて叫びます。ときめきがとまらないから!←おちつけ。

主人公が悪役口調で「僕がキングだ」発言&玉座に座っちゃったりだとか!…や、ヒーローがあんなこといったら子供はびっくりだろう!
跪いて傅く3モンスターは、かなりときめくビジュアルでした。
作品トータルして、モンスタートリオの印象は薄めだったんですが。
こいつら、音也パパへの情だけで助けてきたわけですよね?結局。城にしばられてる発言はどうなんのか、それとも息子が過去に行ったことで変化したのか。過去が変わった時点で縛られなくなったから、最終回に城の外にでてたのか。
最後のほうは、トリオ(特にわんこ)がほんと音也大好きで癒されました。
あ、まって。あの服着たら、キング~っていう発想は頭悪くてかわいいよ!

主人公とお兄ちゃんは、最初から最後まで、両方ともで憎み合うってほとんどなかったんじゃ・・?
大概、どっちかがつれないときはどっちかが愛を叫んでいました。
兄弟げんかなんで、子供向け番組的にはおにいちゃんが悪者で倒して終わり展開はないな!って信じてみてました。
が、その予想の上を行く兄弟愛っぷりでした。
母親を兄貴が殺したのだとしても、兄さん大好き。
もちろんお兄ちゃんも、わるぶってますが実際には母親や育ての親を殺せませんです。ナイスへたれ属性。
みおさんが生きていたら、この2人が仲良くなる展開はなかったのかな。盛り上げて、死亡という大きな鍵にって…あ、なんかFFのエアリス思い出しちゃった。
とちゅうから、主人公の幼馴染ちゃんが空気になっちゃったんですが。みおさんの死亡を考えたら、あのこはやっぱり必要だったんろうなあ。ヒロインじゃないけど、必要だったんだろうなあ。まさに空気。
あでも、最後に出てきた息子が、幼馴染ちゃんとの子供だったりするとなんか嬉しいかも。意外で。
未来から来た息子がおにいちゃんを「おじさん!」ってよんでてなんかかわいかったぞ。おにいちゃんがびっくりした表情でかわいかったぞ。

ナゴさんとメグミンが!ラブでした!愛でした!
ああ、癒しカプの2人が、「わたしがあなたの目になる」とかべたべたな展開で親密。
ビショップ(人型)の、すごく魔物じみた目とか表情とかがすごくよかったです。あれ、大好き!
ナゴさんがポジション、エクソシストで。しかもかなり神父を意識してあったりして。
ビショップはもうそのまんま神父服ですし。あそこの対峙があるたびにときめきだったのですが。
聖職者vs聖職者の服を着た吸血鬼で、「その命、神に返しなさい」のきめ台詞~!
あ、そうか。だからみずほさんはナゴさんが大好きだったのか。ヘタレはヘタレでも、微妙にヘタレの種類が違うはずなのにこんなに好きなのは何でかと思ったら。大好きなエクソシスト+神父に、最初はできる男のみせるヘタレさだったのに、途中からは不器用で癒しなヘタレ性格が加わったからか…。危険視&ライバル視してきたのに、初恋の人の息子かもしれないで態度豹変、癒し&守ってくれるキャラですもんね。あれは上手な転換ポイントだった。普段だったら、兄弟のほうにかぶりつくはずだもんな…実際大好きだし、兄弟。ああ、なるほど。今自覚した。もともと、この人を好きになりたかったんだ。それが、好きな性格に変わってきて嬉しかったんだな。

「実は優しい女だったんだな」ラブフラグ!フラグです!きゃふん。最終回にしてフラグです!いままで、メグミンが参加するときいて合コンにくっついていったりしたけど。メグミンが情の深い優しい女だということは、多分お前以外の誰もが知っているから!てか、今気づいたのか!
そして、ビショップを倒したとたん視力が回復!やばい!なんだこの展開面白すぎるどこの韓国ドラマ!&ハグ。ぎゅうぎゅう。ハグっていうか、ナゴさんがメグミンにすがり付いているようにしかもうみえませんでしたが、ハグ。メグミンもぎゅうしかえして来ましたからハグ。たかが男女の抱擁位で、なんでこんなにときめいているんだ。失意のお兄ちゃんに弟がぎゅうってするよりも高らかに叫んじゃうって、腐女子属性を忘れるわもう!(逆ギレ)

そして最後はナゴさん&メグミンの結婚式!そこはぜんぜん不自然な展開はありませんことよ!みんな勢ぞろいですことよ!モンスタートリオもいますことよ!京都の跡継ぎな弟もチャペルではかま姿で飛び跳ねてますよ!わんこは死んだんじゃなくてお産で入院ですよ!(よかった!)シマさんが父親代わりで新婦と歩きますよ!
ナゴさん、がっちがっちですが花嫁がかわいくてひゃほうな表情ですよ!
誓いの口付けとかありますよ!結婚式だから、子供も見ていいですよ!
最近の結婚式だから、みんな携帯とかカメラとか構えてますよ!
がっちがちでもたもたしてるナゴさんにメグミンからちゅうですよ!
わかりますわかります、ここのカプがどんなふうにしてここまでたどり着いたのか目に浮かぶようです。とりあえず、メグミンがプロポーズしたのか、それともいわせたのか。
そして直後のナゴさんの、なんだ幸せそうなあの表情!どこのオトメ!…あ、どうしよう。ナゴさんならやりかねないですけど、これ初ちゅうじゃないですよね?一応、確認しただけですけど。これ、初ちゅうじゃないですよね?
…なにこの子供世代のオクテっぷり!親世代は同棲したり不倫(?)だったりべったべったしてたりなのに!主人公とミオさんといい、ナゴさんとメグミンといい!あれはバブル期の幻だったとでもいうのか。

なんかね。終わり方幸せで、いいですよね。兄と弟と未来の息子とナゴさんで、未来を救いに行くんですね。ウエディングドレスでついていこうとして周りに慌ててとめられるメグミンかわいすぎる。

次からの新番組、あれ、どうなるんでしょうねえ。どきどき。
過去番組殆ど知らないんですが。どきどき。
とりあえず、ごはんたべて大河みます。
CategorieSHT
トラックバック(0)  コメント(0)
2008'10.16.Thu

先週末のを録画にて。

ようやくみましたよー。
予告のキレてるキングのセリフはまだ誰が好きな人か知らずにか!うわ、このみ。
そしてナゴさんのプリティ度がぐんぐん上昇中。めぐみんとずっとラブラブしていればいいよ!
ケンゴさんの好感度がぐんぐん急下降中。とりあえず、最近の日経平均並に。いやむしろ死にフラグなんじゃないかと心配になるよ。

親世代キング登場ですが。子供世代に目をうばわれてわりと印象薄いな(笑)
CategorieSHT
トラックバック(0)  コメント(0)
2008'09.08.Mon

今週のキバとか。つらづら過去分も語ったりとか。

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
CategorieSHT
トラックバック(-)  コメント(-)
2008'06.06.Fri

リンク亀ちゃん絵。

昨日の龍のと微妙にあわせてみました。
あの潤滑油で龍にやさしく接する彼が大好きですよ。
大人の偽りのやさしさにだまされて彼に懐いているんじゃなくてね。
彼の心の中身を見透かして尚、あんなに懐いちゃっているのだと妄想が申しております。




日付変更ぎりぎり(笑)
晩酌してたら作業遅くなった。ぺたぺた。
せっかくだから今日更新したかったんだい。
CategorieSHT
トラックバック(0)  コメント(0)
 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。