--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2013'10.15.Tue

生存信号。

サイトへの拍手ありがとうございます!
ときどき確認しては光栄な気持ちでいっぱいになります!

オフライン活動の予定としては、来年2月の戦国izm参加を予定しています。
揚北衆と、大人秀家さまの話をそれぞれ新作をもっていけたらと思っています。

スポンサーサイト
Categorie雑記
トラックバック(0)  コメント(0)
2013'06.28.Fri

戦☆パラのアニメをみてみた。

戦国パラダイス極 第弐巻戦国パラダイス極 第弐巻
(2012/05/25)
柿原 徹也、羽多野渉 他

商品詳細を見る


1は買っていないのですが、2が売っていたので購入~。
…ええと、この巻に入ってる秀家さま、ナルシストをとにかく強調なんだね…、わけわからない人になってた(笑…うしかない)
Categorie雑記
トラックバック(0)  コメント(0)
2012'07.26.Thu

だらだら雑談。旅行予定とか調べものとか。

いろいろ有意義に時間をつかえないでいる!

とりあえず、ばたばたしながらやっと夏の旅行の予約が完了したー。
今回は、バスの予約があっという間になくなって…帰りのバス予約がとれないけどどうしよう!岡山・大阪から帰ってこれないんだが!ということになりましたが。
結局、滞在日数を増やしました(笑)
今回の岡山旅行は今まででいちばんたっぷり岡山満喫だぜ!レンタカーさまさまだぜ!大阪もいくぜ!
秀家さま縁の城をめぐるんだぜ!大阪城もいっちゃうぜ!

…テンション高くなっております。うふふ。

最近のはまり調べものは長尾為景です。
彼のことを調べると、揚北や越後毛利の事情がさらにさらにわかっていくのがたまらなく楽しいです。
為景さんのことを調べると自然中央のことも調べないとついていけなくなって、自分のスルーしがちなところに目を向けさせてくれるのも楽しい。
細川氏の越後への影響がどれほどのものだったんだろう。
彼の影響を盲目的に理由にしていいほどだったのだろうか。それともそれに疑問を抱くことがむしろ邪推という影響力だったのだろうか。
それを自分で考えるレベルにないのでお勉強したいのです。

為景の人格が自分なりに垣間見えてきて、今はそのイメージを大事に育て中。
梟雄的な、わかりやすい悪い人なイメージではないな…少なくとも。
幼い為景が父親をどう思ってみたのか。
16歳の家督を継いだばかりの彼が、政治を、戦をこなしていくのとか。
咀嚼していくのがおもしろいよ。
うん、今はまだ噛み砕いているだけ。

それで、色部と本庄がそんな乱の中でも仲よさそうで萌死にそうになる。
永正の乱での色部落城時の、本庄・色部・為景さん・中条を擬人化というか…絵で表現したいっていうか、したら私が転げるって言うか…ああもう、自分でいっててわからなくなってきた。

あとは、黒川と中条の領地移動を調べております。
んー…彼等の場合は、同族であることがむしろ土地の所有の争いになる原因なのかもしれない。
Categorie雑記
トラックバック(0)  コメント(0)
2012'06.28.Thu

ツイッターで腐る。

ツイッターをオタ発言・腐発言・だらだら発言・歴史メモ用の鍵つきアカウントでつくったー。
なぜか一般の方フォロー率が高いからー。
腐発言を飲み込むようなツイッターって自分に意味あるのかなって思って。
いや、今までのもだらだら歴史脳内メモ代わりにしてるから意味はあるんだけど。
CPとか話多い気がするから、一般の方にお勧めはしませんー。
CP話はイマイチな方にもオススメしませんー。

そんなアカウント→@mzh_csm

拍手ありがとうございました。ブラバサ楽しもうぜー。

あと愚痴。
結局宇喜多ファンは直家様世代ファンばかりなんだよなー。
Categorie雑記
トラックバック(0)  コメント(0)
2012'06.24.Sun

お城・史跡めぐりで桜2012。

拍手ありがとうございました。

この夏を目前にした時期に今頃ですが。
今年はちょうど桜の時期に史跡めぐりしていて遭遇したので、桜画像だけ集めてみましたー。

木場城。
001_20120624214616.jpg
新発田合戦時の景勝方拠点。

新発田城。
002_20120624214616.jpg
新発田氏の城のあとに、新発田藩主溝口秀勝が建てた城。

村上城①。鳥居もね。
003_20120624214615.jpg

村上城②。石垣もね。
004_20120624214615.jpg
本庄氏の城であり、石垣部分は村上藩主村上氏のもの。

鮫ヶ尾城。
005_20120624214614.jpg
上杉景虎、法要の日ですね。
御館の乱で上杉景虎が自害した城。

下渡島城。頂上ではないですが。
008_20120624214614.jpg
鮎川氏と本庄氏の間で領地争いになった城。本庄繁長の守役、矢羽幾長南が城主を務めたこともあります。

松倉城①。かなり葉桜ですが。
006_20120624214718.jpg
天正10~11年、松倉城(本城)・魚津城(支城)は織田勢に攻められ、松倉城は天正11年佐々成政によって落城。

松倉城②。
007_20120624214718.jpg
ふもとの桜は散ってしまっているのですが、標高が高いせいかまだ残っていました。

米沢城。
009_20120624214717.jpg
米沢上杉祭り時。米沢藩主上杉氏の城。伊達政宗の若い頃の城でもありますが。

米沢林泉寺の枝垂れ桜。
010_20120624214717.jpg
こちら上杉鷹山公お手植えの桜だそうです。


長谷堂城。
011_20120624214716.jpg
葉桜。花びらが地面に散っています。
関ヶ原の戦いと同時期に起こった出羽合戦での最上方の城。

桜が咲いているのはそれぞれ1週間程度なので、一期一会というか、大事にしてみました。
Categorie雑記
トラックバック(0)  コメント(0)
2012'06.04.Mon

大河話と、イベント参加予定。

6/17の恐惶謹言のスペースはG39になりました。
よろしければ遊びに来てくださいなー。


揚北本(ていうか本庄と色部本)の設定を考え込んでいたんだが。
うちの繁長と勝長は、キリがいいので12歳差で採用。
↑え、今頃その話題?(笑)
28歳位の勝長を描いたら若すぎてどうしようだが、そういえば宇喜多のぼんも関ヶ原の頃はそれくらいであの絵柄だから…なんだか気にすることない気もしてきた。
問題は髭採用した繁長のふけっぷりか!!!(笑)
たとえ16歳でも髭にしたかったんだよ、だって本庄だからー!宗家だからー!えらいからー!(笑)
でも見た目年齢に逆転現象が起きている気がするー。



今週の大河もおもしろかったー!
頼長に始終魅了されっぱなし。
表情すげえよ、目が離せないよ。可愛いよ。可愛いよ。
ストイックに仕事しててもうこのエリート可愛いよ!
頼長の死後、「何故息子に会ってやらなかったのか」と泣くパパ。息子のオウムがパパの死ぬ直前に「父上、父上」と鳴いて、パパがそれを掻き抱きながら泣く様子に。号泣。
この何回かの頼長の可愛さと健気さがはんぱなかったんだがー!うわーん。

戦の中での源氏・平氏のやり取りがぱぱぱと早くて、おいていかれそうになる中にいっぱい感情が詰まっていて。
息子たちが戦う様子は見なくてもいいんですよ、あなたの身体だけじゃなく心も守りたいからって、その忠義はなんだよ!ああもう!
戦場で父と会っても命のやり取りができると答えた義朝が、結局戦場で父上に会っても命のやり取りをしなくて。
頼長に「戦えないものは隠れていろ」って恫喝する為義パパもかっこよくて。
義朝の昇進に穏やかに笑ったりするのも悲しくて。
ああ、源氏親子に関しては次回が楽しみすぎる。

叔父上も良かったー!
弟は、一生兄のやったことの面倒を見てやらないとなんだろうな、って覚悟決めてて。
清盛の子供たちがかわいくて仕方なくて(きゅん)。
次回が気になるのはこっちもだー!

Categorie雑記
トラックバック(0)  コメント(0)
2012'06.03.Sun

無駄に逃避しに来た。

ぐあー、子供とおっさん描き疲れたー!
あと1枚で子供パート終了だー!
深夜番組のノリがいちばん集中力を乱さないので、深夜の旅番組の録画を延々ながしている。

あ。
先週の大河も面白かったんだけど。
戦シーンの細切れっぷりが盛り上がりと血が苦手な人への配慮なかんじで相変わらず良い画面だ。
ちょっと詰め込みなくらいの切り替わりがたまらん。
いっぱい登場人物のキモチが詰まっていて・
ツイッターの南北朝に詳しいらしい(笑)人の「史実じゃない」自慢はいい加減見飽きたにゃー。
自分のイメージどおりの史実を流すのはドラマにする必要ないしね。
ただ、自分の天地人の見方が途中から「これは違う」の繰り返しだったのを思い出して、大河は自分の好きな時代・好きな人物のときは楽しめないものなんだろうなと思っています。

じゃ、また作業に戻ります!
ブログ拍手ありがとうございました!うす。
Categorie雑記
トラックバック(0)  コメント(0)
2012'05.30.Wed

やるきになっている!

ブログ拍手ありがとうございました!
宇喜多史跡見学会に拍手くださっている方たちは、参加者の方だろうか!


さのうさん>
自分の中の隆元にストレート以外の選択肢がなぜかありませんでした!うん、ストレートだよね!

アナログ人間の悲しさ。
下書き用の紙がきれた。先に進まないから今日買ってくる。
道具にはなんの拘りもないつもりで、紙質が悪すぎるとシャーペンが滑らなくて絵が描きにくい。

うにゅん。
自分の描くものを好きだといってもらえたら、素直なやる気になる。自分の単純さ。
自分の絵が上手い訳は決してないのは自分でよく心得ているので、そこらへんで調子に乗ることは絶対ないけど。愛を感じるって言ってもらえるのはすごく嬉しい。
とりあえず、6月半ばまではオフラインがんばってますけど!
合間に、なにかいれられないか!そわそわ!
いやそれより新刊両方出すことがまず最優先だが。
そしてそして宇喜多アンソロという言葉を聞いて、ひゃっほーう、読みたい!と飛びついた今日この頃。





それで、6月前半の休日に、社員の協調性を養うためにとかいって、バーベキュー企画してきやがりました会社の役員を全力で呪ってみる。流れろ!※肉が嫌いなわけではありません。
Categorie雑記
トラックバック(0)  コメント(0)
2012'05.20.Sun

大河みてたー。

ブログ拍手ありがとうございました。

大河毎回楽しみにしていますよー。
今回は特に面白かったー!

平氏。
忠正叔父上の「清盛との絆なんてない」に涙腺決壊。
いいね!すごくいいね!
愛情に溢れかえっていて。
それを弟づてに聞いた清盛の反応の表現もすごく好き。
見る側が解釈できるようになってる。
その少し解りにくい表現がたまらん。

源氏。
乳兄弟・正清よかったー!
戻ってきたときの義朝がちょっとツンなところも可愛いんだがー!
正清のパパが、為義パパ大事で絶対見捨てられないって思ってるのもたまらんー!

じゃ。
お絵かきに戻りますー。
まだプロットだけどなー。
Categorie雑記
トラックバック(0)  コメント(0)
2012'05.12.Sat

生存信号。

ブログとサイト!
放置している間に、拍手くださった方ありがとうございました!
ツイッターで発言することで書き満足してしまっている自分は否定できない…。

そして、ツイッターやめようかなーって思うたびにブログを更新に来る自分も否定できない。
Categorie雑記
トラックバック(0)  コメント(0)
 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。