FC2ブログ
--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2013'10.15.Tue

生存信号。

サイトへの拍手ありがとうございます!
ときどき確認しては光栄な気持ちでいっぱいになります!

オフライン活動の予定としては、来年2月の戦国izm参加を予定しています。
揚北衆と、大人秀家さまの話をそれぞれ新作をもっていけたらと思っています。

スポンサーサイト
Categorie雑記
トラックバック(0)  コメント(0)
2013'06.28.Fri

戦☆パラのアニメをみてみた。

戦国パラダイス極 第弐巻戦国パラダイス極 第弐巻
(2012/05/25)
柿原 徹也、羽多野渉 他

商品詳細を見る


1は買っていないのですが、2が売っていたので購入~。
…ええと、この巻に入ってる秀家さま、ナルシストをとにかく強調なんだね…、わけわからない人になってた(笑…うしかない)
Categorie雑記
トラックバック(0)  コメント(0)
2012'12.25.Tue

ホビット映画みてきたのでお絵かき。

ホビット。…といいながら、ドワーフの種族個性にきゅんきゅんする映画。でした。
なので若輩ドワーフフ、フィーリ&キーリ落書き。

koni123.jpg
ビルボはいい人なので、ドワーフの種族特有価値観を尊重してみる。
Categorie映画・ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0)
2012'11.26.Mon

サイト更新報告。

おまけ漫画アップおわったですよー。
本の片隅にいれたかったネタなんですが。ここで消化!

あとブログ拍手ありがとうございましたーノシ
Categorie歴史
トラックバック(0)  コメント(0)
2012'11.23.Fri

サイト更新報告。アップ大体完了。

秀家さまの関ヶ原へ至る道、本文アップ完了しましたー。
あとはちょっとおまけ的なものを描いているのでそれをあげたいよ、と。
旅行前に終わったー。よしよし。


あと自分メモ。忘れないように。
メモなんでスルーお願いします。
・秀秋ぼんと鬼小十郎と秀家さまの暗い話。
・千代猪丸が勝長好きになるまでのふんわり話。
・叔父と従兄弟が怒鳴りあう話。
・正則くんと弟と八郎ぎみほのぼの話。
・従兄弟と従兄弟の妹婿が若気に至る話。
・毛利と毬栗。
Categorie歴史
トラックバック(0)  コメント(0)
2012'11.21.Wed

戦国創作サイト更新報告。

謹言13で発行した本の謝った部分、手を入れられなかった部分を修正してサイトに公開はじめました。

タイトルは「関ヶ原に至る道‐秀家編‐」。全12Pで、宇喜多のぼっちゃんのお話になります。
一度にはムリなのですがわりと速いペースでアップしていけるかと思います。

すみません、すみません。
また、発行済みの同タイトルの本をお持ちの方は、今後のイベントで当サークル発行物購入の際に100円引きいたしますのでお声掛けください。
Categorie歴史
トラックバック(0)  コメント(0)
2012'11.10.Sat

恐惶謹言13参加しますー。

2012年11月11日(日)恐惶謹言 十三綱、参加します!
スペースは「つ37」桃色秋桜です。
新刊は秀吉死亡前後の関ヶ原西軍な宇喜多本を予定しています~。
なんか、秀家様が殿下大好きなだけのお話。

恐惶謹言 十三綱内の創作戦国プチオンリ「戦客万来」にも参加しております~。
ペーパーラリーには参加できるか微妙…;
Categorie歴史
トラックバック(0)  コメント(0)
2012'09.18.Tue

ソーとロキ。妄想漫画(ネタバレ注意)。

マイティ・ソーをみてました。
世界を巻き込んだ壮大な兄弟喧嘩!さすが神様は兄弟喧嘩も規模が違うね!

見終わって、そのままアベンジャーズ観にいきました。
アメコミ映画にがすんと心もっていかれた。
ソーとロキの兄弟がかわいくてかわいくてたまらんです。

なのでおもわず落書き。

001.png

本編のソー兄は単純なので弟が大好きで仕方ない(笑)
ロキはちょっと意地悪したいだけで、最初はソーを傷つけようと思ってたわけじゃなかった様子があちこちから感じられて。
可愛いかわいい弟なんです。

アベンジャーズはソー兄が兄馬鹿すぎる。
さすが登場ヒーロー紹介で「弟ロキへの愛」が特徴に挙げられる男!
本編よりも…幸せすぎて泣けてきた。
Categorie映画・ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0)
2012'08.01.Wed

十鬼の絆の秀家さまお絵かき。&ネタバレ有り感想。

ブログ拍手ありがとうございました!

以下、十鬼の絆のネタバレあり秀家さま叫び。
あと、秦さんルートをちょっぴり。
koni122.png
ああ、あの変な前髪が。
うまく再現できなかった。
見た瞬間なにこのスネオー!って思ったあの前髪の質感がいまいちでなかった。
無念。

前情報いれずに新鮮な気持ちでですすめて参りまして。
秦さんルートをのんびりすすめていくと、ちらりと彼に関係ある大名家が毛利家である言葉が含まれていまして。
他家を侵略せずに自分たちの領地を守ることとされている、みたいな。
ふおおお、秦さんが好みだったから選んだだけなのに毛利ー!とみずほさん歓喜。
輝元がちらちらちらちら名前でてくるのも嬉しくて、隆景の名前がちらつくのも嬉しくて。
大筋のストーリーは歴史知識なくても楽しくて、細かい伏線はわりとマイナーな歴史ネタも含まれているところがオトメイトらしいなあと思いましたです。
なんていうか、自分の知ってる知識をなぞられてまるで自分が歴史に詳しい人みたいに優越感を感じさせてくれるというか。
上杉は…上杉を好きな人は、人間野蛮!の代名詞みたいにされているので、このゲームじゃなくて軒なんとか(笑)がメインのゲームの方をやれという空気。
あとは…頭領同士があまり仲良くなくて、ちょっと最初はいりづらかったす。
秦さんに夢中になるころには気にならなくなるんだけど、途中までの優しくなくて貶めるというか攻撃的な文章がちょっと苦手。

で。
「宇喜多秀家」の名前はかなりでてくるのですが、彼自身の登場はさっぱりなくて。
なんだ、毛利ルートだからか。
次は三成いっぱいでてくるルートにしたら秀家様でてくるかなーと遊んでいたら。

きた!でてきたよ!
毛利ルートでもでてきたよー!!!

「秀家って名前は秀吉の秀をもらったものだから気に入っているんだ。だから役職名じゃなくて名前で呼ぶことを許してあげるよ」
そして。
元康もめっちゃ引きながらも素直に「秀家殿」とか呼ぶよおお!
うわああああ、殿下大好き発言きたよおお!
あれですね。
十鬼の絆の秀家さまは、BASARAとかでいうなら大谷の役割なんですね。
三成は裏工作みたいなことは考えられないから、自分が全部考えてあげるとか。
でも、うん。うん。
自分の中の秀家様は太閤が大好きで、そして決して汚れないひとではないので。
すごくイメージだったよ。
ひたすらに太閤が好きで太閤とおねさまの子(婿)であることが誇らしくて、そしてただクリーンなお坊ちゃんじゃなくてちゃんと現実にあわせて戦略とか練れて、必要な汚れを身に受けることができるというか。
私の中の秀家さまは、たぶんそんな感じ。
金吾は大嫌いなのはふむと思ったけど、うん、でも物語的にはそうなのかもな。
ちょっとみずほさんは金吾に贔屓あるからな(笑)

次は三成メイン(と思われる)のルートいってきまーす!雇い主は秀家様!のルート!
で、秦さんについてのガッツリ語りは…ひとまずメインクリアしてからにします。
ん。偉そうでいつもイニシアティブが向こうにかあるかんじはきらいじゃないっす。よかったっす。
うぶっぽい選択より、ちょっと汚れた選択の方がお好みでした。
Categorieゲーム
トラックバック(0)  コメント(0)
2012'07.26.Thu

だらだら雑談。旅行予定とか調べものとか。

いろいろ有意義に時間をつかえないでいる!

とりあえず、ばたばたしながらやっと夏の旅行の予約が完了したー。
今回は、バスの予約があっという間になくなって…帰りのバス予約がとれないけどどうしよう!岡山・大阪から帰ってこれないんだが!ということになりましたが。
結局、滞在日数を増やしました(笑)
今回の岡山旅行は今まででいちばんたっぷり岡山満喫だぜ!レンタカーさまさまだぜ!大阪もいくぜ!
秀家さま縁の城をめぐるんだぜ!大阪城もいっちゃうぜ!

…テンション高くなっております。うふふ。

最近のはまり調べものは長尾為景です。
彼のことを調べると、揚北や越後毛利の事情がさらにさらにわかっていくのがたまらなく楽しいです。
為景さんのことを調べると自然中央のことも調べないとついていけなくなって、自分のスルーしがちなところに目を向けさせてくれるのも楽しい。
細川氏の越後への影響がどれほどのものだったんだろう。
彼の影響を盲目的に理由にしていいほどだったのだろうか。それともそれに疑問を抱くことがむしろ邪推という影響力だったのだろうか。
それを自分で考えるレベルにないのでお勉強したいのです。

為景の人格が自分なりに垣間見えてきて、今はそのイメージを大事に育て中。
梟雄的な、わかりやすい悪い人なイメージではないな…少なくとも。
幼い為景が父親をどう思ってみたのか。
16歳の家督を継いだばかりの彼が、政治を、戦をこなしていくのとか。
咀嚼していくのがおもしろいよ。
うん、今はまだ噛み砕いているだけ。

それで、色部と本庄がそんな乱の中でも仲よさそうで萌死にそうになる。
永正の乱での色部落城時の、本庄・色部・為景さん・中条を擬人化というか…絵で表現したいっていうか、したら私が転げるって言うか…ああもう、自分でいっててわからなくなってきた。

あとは、黒川と中条の領地移動を調べております。
んー…彼等の場合は、同族であることがむしろ土地の所有の争いになる原因なのかもしれない。
Categorie雑記
トラックバック(0)  コメント(0)
 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。